がん保険比較のポイント2 実損補填型

先進医療とは、厚生労働大臣によって定められた医療技術のことで、移植手術や遺伝子診断など通常の保健診療レベルを超える最新の医療技術とされているものです。 先進医療を受ける方の確立はがんで亡くなった100人に1人というデータもあり、「先進医療保険は本当に必要なのか?」という意見も耳にします。 しかし、先進医療特約の保険料は、月払いで200円弱といった程度となります。 先進医療が必要となる確率が低いからといって、万一のリスクに備えないというのは非常にもったいないと感じます。 先進医療といっても、300万円を越す「重粒子線治療」から、10万円以下で済む乳がんの「センチネルリンパ節の固定と転移の検索」まで治療費にはかなりの幅があります。 「重粒子線治療」が受けたくても、経済的に余裕がなく受けることができなければ、せっかくのがん保険の意味がありません。 がん保険を検討しているのであれば、実際に利用する確率は低くても、先進医療特約はつけておくことをおすすめします。 先進医療特約は、保障されている通算額が保険会社により違います。 少ないところだと500万円程度、多いところでは1000万円を通算上額としています。 また先進医療特約のないがん保険のなかには、がん診断給付金で500万円~600万円といった高額を保障する保険もあります。 先進医療に備える場合の選択肢は、先進医療給付金が1000万円以下のもの、1000万円以上のもの、そして先進医療特約がなくてもがん診断給付金が500万円程度支給されるものとに分けられます。 先進医療の通算額で悩んでしまったら、それぞれ見積もりを比較して検討するといいでしょう。



大阪のお客様に積極的ご訪問

福岡 温泉 貸切風呂

遺品整理が非常につらいです。愛知県内でいい業者さんいませんか?

痛風の症状によく効くサプリメント



Copyright © arising-attitude.com 2011